模型

高く売るためのコツ|マンション売却時のポイントを大公開

交渉力が重要な理由とは

つみ木

業者選びが大切

住宅ローンを支払うことが出来なくなった時に、任意売却を行うことで、競売を行うよりも高く住宅を売却することが出来ると言われています。手続きについては、専門の業者に依頼するのが一般的ですが、その際の費用を支払う必要はありませんし、場合によっては任意売却によって住宅を手放したことで引っ越しをせざるを得なくなった時の引っ越し費用も出ることがあるようです。住宅ローンを残った状態でも、住宅を売却することが出来るとも言われています。任意売却の仕組みとしては、住宅ローンの融資元である銀行と業者が交渉を行い、相場に近い金額で住宅を売却するという手続きです。業者への手数料はこの際の売却益から捻出されますし、引越し費用も同様です。任意売却で得た売却益は、まず債権者に対して住宅ローンの残債が支払われ、不動産会社に対して仲介手数料が支払われます。そして、抵当権抹消の際の手数料として司法書士に固定資産税などの滞納があった場合にはその金額が役所に対して分配されることになります。ただし、すべての項目が無条件で認められるわけではありませんし、引越し費用については、業者と融資元との交渉によって決まるものです。その為、交渉を行う業者によっては、引越し費用などが捻出されないという事もあります。そして、住宅を売却してもなお住宅ローンの残債が残っているという場合には、売却後も支払いを続けていく必要があります。交渉によっては、残債を減額してもらう事が出来る場合もあります。